冠婚葬祭という言葉と祭り

冠婚葬祭という言葉が日本にはあります。この言葉は四つの漢字から成り立っていますが、それぞれの漢字にはしっかりとした意味があります。一番下についている祭りという漢字にも意味があります。この祭りという漢字には祖先の霊を供養するという意味があります。ですから法事などのすでに亡くなっている人を弔うための儀式全般がこの祭に該当することになります。その一方で冠婚葬祭の葬という字は亡くなった人を弔うための儀式を表す漢字です。現在亡くなった人のためのものか、過去に亡くなった人のためのものかが葬と祭の大きな違いとなっています。こうした祭に当てはまるような具体的な儀式としては亡くなった人の法事などがあります。亡くなった日から一年を経過した後に行なう儀式や、十年を経過した後に行なう儀式など地域や宗派によってさまざまなものがあります。それ以外にもお盆やお彼岸などに亡くなった人のお墓参りをすることも祭の儀式に当たります。

Copyright冠婚葬祭 祭り All Rights Reserved.

冠婚葬祭 祭り