先人の思いを継承していく祭り

 地域にはそれぞれの特色があります。もっとも色濃くそれが現れるのが冠婚葬祭における様々なしきたりや伝統でしょう。とりわけ祭りは、先人が培ってきた様々な思いを現代の人々に伝えるものなのではないでしょうか。 当地方には、祭りになると獅子舞を踊る伝統行事があります。起源ははっきりとわかっていませんが、江戸後期ごろから始まったのではないかと言い伝えられています。 この獅子舞も一度途絶えた時期がありました。平成に入ったころ、踊り手である小中学生の減少や踊りを教える青年層の経験者の他地域への流出などが主な原因だったようです。 その獅子舞が10年ほど前に復活しました。「何とかしてこの地域の伝統を後世に残していきたい」という人たちの尽力により保存会が結成されました。 獅子舞を継承していくことは、表面的には獅子舞を子供たちに教えるという活動に見えますが、その活動には地域の小学生から高校生までの子供たちが参加しており、様々な年代の子供たち相互の人間関係や、教えてくれる大人たちとの関係性、それを見守る地域の人たちの思いなどを頭で考えるのではなく、体で感じることができる貴重な場でもあります。 祭りを行うということには、そうした活動をとおしてこれまで培われてきたその地域の先人の思いが伝わっていくということにもなるではないでしょうか。

東京で観葉植物のレンタルサービス「花門フラワーゲート」

コムテックスについて書かれております

高品質な印刷がなぜこんなにも安いのかその理由とは

グループ会社からも活躍の場を広げるダイトーグループ

関連メニュー

更新情報のお知らせ

Copyright冠婚葬祭 祭り All Rights Reserved.

冠婚葬祭 祭り